【日本人の問題】短所を補いすぎる

日本人の問題

こんにちは、はるきぃです!

あなたには短所がありますか?他人より劣っていることを自分で理解していますか?自己分析することは人生の幸せに繋がります。

ですが、日本人は短所を無くそうと考える人が多すぎます。これはどうしてでしょうか?僕が疑問い思うことのひとつです。

そんな『短所』について今回は話を進めて行こうと思います

長所を伸ばすことに、徹底的に集中しよう

昭和世代が口にする言葉で『悪いところや苦手を克服しないと意味がない』と主張している人がいます。でも、それは本当に正しいことでしょうか?

短所を補うようにするには時間がかかります。短所とは自分が嫌いなことや苦手なことに当てはまる人が多いと思います。その短所をな減らすような時間があるのなら、とにかく長所を出来る限り伸ばすことに集中してみると良いでしょう。

人間にはそれぞれ長所があり短所があります。全てにおいて完璧な人間は存在しません。ロボットやAIならあり得ますが、人間に完璧を求めてはいけません。

誰しもが短所を無くそうとしていると個性がなくなります。周りも全て同じ人だとつまらないと思いませんか?

しかし、長所を伸ばすことで個性に繋がるのです。だから僕は、短所を補うより長所を伸ばすことをオススメします。

自分の短所を理解した上で人生を過ごしていると、やがて短所だったことが社会を通じて無くなっていることがあるかもしれません。

長所をとにかく伸ばして下さい。それだけで周りの見る目が変わってきます。良い意味でも、悪い意味でも。でも、それが人生を楽しく生きる方法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました